2007年06月02日

タバコやめたい


スポンサードリンク




喫煙者も本当は禁煙したいんです。

喫煙者には受難の時代になりました。もうたばこやめたい。

だってタバコ、健康に悪いし、お金かかるし、汚れるし、吸うとこないから、こっちふらふら、あっちふらふら。
彼女からは嫌われるし、子供からは「たばこ吸っちゃだめ!」と叱られる。レストラン、居酒屋でも禁煙!!

法律で禁止し吸ったら、売ったら、買ったら懲役1000年として下さい!!!


 【ジュネーブ=渡辺覚】世界保健機関(WHO)は29日、すべての加盟国に対し、飲食店やオフィスを含む公共スペース内を全面禁煙とする法律を制定するよう勧告した。

 2003年施行の健康増進法で、屋内の受動喫煙防止を「努力義務」にとどめている日本は、さらなる法整備が求められそうだ。

 50ページにおよぶ勧告書は、受動喫煙と健康被害の因果関係について詳しい分析を行い、世界で年間約20万人が、職場での受動喫煙によって死亡していると警告。「喫煙エリアの設置や換気措置では、受動喫煙の危険度を下げることはできない」と強調した上で、加盟各国に対し、〈1〉屋内の全職場とすべての公共スペースを煙害から100%守る法律の制定〈2〉法律を順守させるための必要な措置の発動〈3〉家庭内での禁煙促進に向けた教育戦略の履行――などを求めた。

 勧告発表にあたってWHOの陳馮富珍(マーガレット・チャン)事務局長は、「受動喫煙に安全なレベルは存在しない」と明言。全加盟国に対し、「WHOは、屋内の職場と公共スペース内で、100%の禁煙を求める」と法制化への取り組みを強く要請した。

(2007年5月30日12時8分 読売新聞)
posted by 禁煙宣言 at 16:09 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。